マルヒロ Maruhiro

昭和32年、露天商に始まったマルヒロは、長崎県の工芸品「波佐見焼(はさみやき)」の食器やインテリア雑貨を企画している、工場を持たない陶磁器メーカーです。
波佐見焼は生産工程ごとに会社が分かれる 「分業制」で作られていて、その中でマルヒロは、デザインした商品を各工程の職人さんへお願いする “プロデューサー”のような役割と、出来上がった商品を流通させる“商社”の役割をしています!
土から始まり、一つの商品になるまでたくさんの人々が関わる波佐見焼は、400年以上に渡り受け継がれてきました。そしてこの先もずっと続いていくように、楽しい産地の会社でありたいと思っています。

Maruhiro, which began as a street vendor in 1957, is a ceramics manufacturer without its own factory, specializing in planning tableware and interior accessories made from Nagasaki Prefecture’s traditional craft, “Hasami Ware (波佐見焼).”
Hasami Ware is produced through a “division of labor” system, in which different companies handle each stage of the production process. Within this system, Maruhiro plays the role of a “producer,” commissioning craftsmen at each stage to create the designed products, as well as the role of a “trading company” that distributes the finished products.
Beginning with clay and involving many people until a single product is completed, Hasami Ware has been passed down for more than 400 years. Maruhiro strives to be a company that continues this enjoyable local craft for generations to come.

関連記事

  1. KAWAGUCHI

  2. イデア IDEA

  3. 和平フレイズ Wahei Freiz

  4. 関川鋼販 Sekikawa

  5. アーネスト株式会社 Arnest

  6. アイセン aisen

お問い合わせはこちらContact