蔵珍窯 Zohogama

四季折々の草花を肌で感じながらモチーフを生み出します。
工房がある集楽窓は、ゆったりとした空間の中に、重厚感のある江戸時代の建物、火と土の神様を祭った神社、涼しげなもみじに、凛とした椿、庭に潤いを与える沢山の草花、常に作陶の空間から自然とのつながりを大切に、時間があればスケッチブックを持って外に出かけます。そのすべてが陶器の絵柄の元となり、器に彩りを添えます。

関連記事

  1. 小鳥来 Kotoriku

  2. ナガオ Nagao

  3. BRID

  4. 双寿园 Souzyu-en

  5. コージ KOJI

  6. 丸十金網 Marujyu-kanaami

お問い合わせはこちらContact