織田幸銅器 uruoi

地場産業を率いて“新しい経営”を目指す
全国各地の「伝統的工芸品」をいわれるものは、現在大きな岐路に立たされています。
伝統的工芸品といわれるには、次の条件を満たしていなければならないのです。
工芸品であること
製造工程の主要部分が手工芸であること
伝統的技術または技法によって製造されていること
伝統的に使用されてきた原材料で製造されていること
一定の地域で産地形成していること
この要件をクリアし、産地高岡と共に発展していくことは、非常に難しい命題であります。
さらに、今日の社会は、量の時代から質の時代へ、また、モノの時代から心の時代へと変わりつつあります。
織田幸銅器は、インテリアのみならずエクステリアも含め、そうした時代に相応できる体制づくりを目指し、あらゆる可能性に挑戦し続けます。

Aiming for a “new management” while leading local industries
Traditional craft products from all over the country are currently at a crossroads.
To be considered a traditional craft product, it must meet the following criteria:
It must be a craft product
The main part of the manufacturing process must be manual
It must be produced using traditional techniques or methods
It must be produced using traditional raw materials
It must be produced in a certain region, forming a production area
Meeting these requirements and developing together with the production area, Toyama, is a very difficult proposition.
Furthermore, society is changing from the era of quantity to the era of quality, and from the era of things to the era of the heart.
Oda Yuko Copperware aims to build a system that is appropriate for such times, including both interior and exterior, and will continue to challenge all possibilities.

関連記事

  1. 玉虎堂 Marutamadou

  2. H&K

  3. 岡田製樽 Okada-seitaru

  4. 新輝合成 shinkigosei

  5. 木曾生活研究所 Kiso Lifestyle Labo

  6. 霜山 SHIMOYAMA

お問い合わせはこちらContact