つかもと Tsukamoto

初代塚本利平がここ益子深田の地に塚本窯を創業して150年余。
当社は益子焼の文化と魅力を世の中に発信し、次代により良い形で継承していけるよう、益子焼の未来を作ってまいります。
伝統と進取の精神を大切に、日本、そして海外のお客様にも益子焼を楽しんでいただけるよう、魅力ある益子焼を研究し、提供して行く所存です。これからも謙虚さを忘れず、お客様や地域の皆様と共に歩みながら、200年、300年と成長していく企業を目指してまいります。今後とも、一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

It has been more than 150 years since the first generation “Rihei Tsukamoto” established a kiln at the place called Masuda-Fukada.
We endeavor to secure the future of Mashiko pottery so that we can share the culture and unique style of Mashiko to the world and pass it on to the next generation.
We will continue to develop the tradition and spirit of Mashiko pottery for the enjoyment of customers in Japan and overseas.
With humbleness we aim to grow the company for many generations ahead, while still walking with our customers and the people of Mashiko.
We ask for your continued guidance and support in the future.

関連記事

  1. エコー金属 Echo metal

  2. 松野屋 yanaka

  3. 鍋島焼窯元 鍋島虎仙窯 Imari-kosengama

  4. エム・エム・ヨシハシ M.M.Yoshihashi

  5. 岡田製樽 Okada-seitaru

  6. 北野陶寿堂 KITANO

お問い合わせはこちらContact